Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一歩

  自治医科大学までは自宅から約20キロ、車で約40分の距離にある。通常なら十分通勤圏だが、所謂インターンの身分では通勤時間を取れるほど仕事は甘くなく、大学の至近距離にアパートを借りての生活となった。それでも、アパートは寝るだけの場所。それ以外は大学病院で過ごす過酷な勤務状況であった。仲間の中には、病院に泊まり込むことが多く、自宅に滅多に帰れないのが実情とも耳にした。全国的には、時折、インターン生の過労死も紙面に載ることもあり、それも頷けた。親としては、息子の無事を祈るだけであった。

 インターンは大学病院の他、指定された市中の病院で行うことも可能である。その場合は、1000万円近い月給が支給される。しかし、当時、大学病院の医局は5万円程度しか支給されないのが常識だった。有り難いことに、自治医科大学は、一般サラリーマンの初任給程度の給料が支給された。そのため、親は特に経済的な支援は必要としなかった。市中病院では戦力として使われることになるが、自治医科大学では、数ヶ月のローテーションで各科を回った。科によって繁忙に差があることを、門外漢の私たち夫婦は始めて知った。外科の手術に立ち会うと、10数時間も経ちっぱなしで、この間、食事も出来ないとのことだった。

 僅かな距離の場所に住んでいながら、なかなか連絡がつかなくなった。病院という特殊環境のため、携帯の使用が出来ず、電話連絡が付かないのである。一般電話は何時も留守、不安だけが続く毎日であった。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。