FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kosodatekaisou.blog64.fc2.com/tb.php/26-0d16477d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

テレビゲーム

  長男が小学校に入学して間もなく、テレビゲーム「ファミリーコンピューター」を買った。当時は、セガと任天堂がテレビゲームを発売したばかりであり、どちらが主流になるのか判然としない時期だった。選択は子供に任せたが、長男は任天堂のファミコンを選択した。

当然、長男はこれに夢中になっていった。拙宅には、当時テレビが2台あり、1台は私の両親と共同で使っている居間に、もう1台は子供部屋にあった。テレビゲームは居間に設置された。そのため、暫くは親が帰宅するまでの数時間だけの使用であった。

ファミコンが「スーパーファミコン」に変わり、「ファイナルファンタジー」等のアドベンチャーゲームなどが発売されるに従って、ファミコンは爆発的なヒット商品となり、子供達にはなくてはならないアイテムとなっていった。次第にファミコンは2階の子供部屋でも使用されるようになっていった。友人達も集まってこれで遊ぶことも多くなったが、幸いなことに、必ずしもこれだけに偏ることもなかった。友人が多数集まるので、外に出ての遊びをせざるを得ない面も見られた。

私達親は特にテレビゲームを制限することはなかった。共稼ぎの私達に代わって、親が帰宅するまで、私の両親が子供の世話をしていたが、夕方の数時間、様々な家事がある私の母親にとって、一時とは言え、子供達から手が放れるテレビゲームは、ある意味便利という側面があったし、また、私達親も、男の子供にとって、テレビゲームのない所での交友も特殊になりすぎると、流暢に考えている側面もあった。

長男も、後に次男も、「ファミコン博士」であった。アドベンチャーゲームでは、攻略本を買ってきて、裏技などを研究し、級友の中でも最も早くゴールに辿り着いた。友人からしょっちゅう電話がかかってきて、様々な友人の質問に答えていた。

子供達は、私達親が帰宅してからは、あまりテレビゲームをすることがなかった。子供達にとって、親と共に夕食を摂り、風呂に入り、テレビを見て、たわいない話をする日常の方が、楽しかったからだと思っている。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kosodatekaisou.blog64.fc2.com/tb.php/26-0d16477d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。