Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kosodatekaisou.blog64.fc2.com/tb.php/73-5d2e2aee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

通信添削

  長男は親友の誘いで「Z会」に入った。東大の合格者の半数以上がやっているという通信添削の会社である。レベルに併せていくつかのコースがあるらしいが、メインの最も難しいコースを選択した。全国一律のため、在籍する高校が採用する教科書とは、登場する順番が異なり、自主勉強を余儀なくされる。長男は家庭学習のうち、これに多くの時間をかけるようになった。

 性格的なものもあるのだろうが、長男はすべての問題に解答しようとする。どうしても問題を解けず、期限に遅れるは屡々で、ついに提出しないことも希ではなかった。長男の健康に心配する私は無理なのではないかと、口にもでかかったが、無理をしないように、と助言を与えるだけで見守っていた。
提出せず、添削を受けない問題が貯まっていっても、そのことを咎めることはなかった。

 兄弟間の性格の違いを痛感したのは、この「Z会」への態度であった。次男は高校に入って、極当然のように「Z会」に入った。次男はパッパッと短時間で片づけ、分からないものはさっと諦めて、白紙は白紙のまま、提出していた。期限遅れも、未提出もなかった。決して完璧を自分に求めなかった。
ある意味、淡泊なのである。

 地方都市に居住していると、適当な塾とか予備校とかがなく、そういう意味では通信添削は便利である。教えてくれるという側面はほとんどないが、勉強は自分でするものである。その意味で、自主性を育てるには、実に最適である。





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kosodatekaisou.blog64.fc2.com/tb.php/73-5d2e2aee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。